スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼんやり怠ける


近づく年末にはらはらしそうなわたしですこんにちは

特に書きたいことがあるわけでもないんですけど書きたいから書きます
年賀状の心配もしなければで、今年の絵柄をどうしようかなとのそのそ考えております
酉年だから鳥は描きたいんですけどかっこよく鳥かけるかなあ
あとは先輩方に送り付ける気満々なので、先輩に宛てても恥ずかしくない絵柄だと人間は描けないかなあとか。
でも人間を描かないと自分がおもしろくないんじゃないかなあとも思うので
そうなると去年みたいに2パターン用意する感じかなあみたいな
なやみどころです
かっこよく鳥を描きたい

あっという間に一年が終わってしまって
時間を浪費することが巧みだなあと我ながら呆れてしまいます
したいこと色々あって、しなければいけないことも色々あって
しちゃいけないことも色々しちゃって
そんなもんだとは思うけども、この一年を無駄にしない為にこれからどうやって足搔こうかと
そればかりをぼんやり考えて、具体的なことは何も考えていないという
またいつもの感じだなあ

今おかれている小さな社会で自分というものの価値について感じているのは
結局は相手の都合で求められているだけであって
自分自身の何かを評価されているわけではないなあということです
自分の能力を考えるとそれは当然なんだけど
やっぱり、待っているとか耐えているとかいうことは疲れるんだけど
自分にできることはそれだけで、あとはただ自分が認められるような努力をするしかないんだなと
またもぼんやり考えるわけです
それにしたって二十数年作り上げた関係の中で
自分が思うほど誰かに好かれるわけでなし、必要とされるわけでなし
卑屈に卑屈に過ごしているのもたまらないので一握り諦観を持って
だらだらだらだら重ねる程かるくなる言葉を重ねながら
結局は自分のことしか考えられないから鬱蒼といきてるなあと思ったりもして
先行きの見方がよくわかりません
今いる小さな社会から「下界には戻れない」なんて言われたけれど
ずっと前からそう思っているから他人に言われて安心したり
安心はしてもさて今の社会で生きて行けるかというとまあそんなわけもないよな
怠け者には世知辛い世の中です

冊子は六月以来(実質七月以来)サボっています
続かねえよなあ
ちやほやされれば続くものだと思っていたけれど
ちやほやされても続けられないかわいそうな人間です
書きたいことが物語ならきっともっと強く進むことができるのだろうけど
受け取ってくれている人には本当に感謝しているし
なんとなく待ってもらっている雰囲気があるととても嬉しいし
それに応えたい気持ちもあります
でもそれに甘えている自分です
何も書いていないわけでもないです
気長に待ってもらえたらなあという希望的観測です

何も書いていないわけでもないので
最近めちゃくちゃいいうた出来たと興奮していたら
それに反応してくれたひともいて嬉しい限りです
読み返し過ぎてもう良いのか悪いのか自分ではわからなくなりました
こんな感じのリズムに乗せようと思ってつくったうたで
こんな感じのことをうたおうと思ってつくったうたで
今までつくった中ではそれをいちばんうまく表せたうたなので
なんだ、自分でもこれくらいできるのか、と思えたという意味で
ひとまず満足したというところです
万人受けは絶対しないし、わかってもらえるとも思えないし本当にただの自己満足なんだけども。

とりあえず何か書きたいことを思い出したような気がしたのだけれど
忘れてしまったのでこの辺で。
スポンサーサイト

さいきん


特に話題という話題ではないのですが、
わたしと同時期にブログを始めたりなんだりした友人たちの
更新がもうずっとなくて、普及したSNSに流れて行って、
しかもほぼ社会人なのでこれからも更新されないのだろうなあと思って
なんとなく寂しくなったところです
わたしももちろんSNSに乗ってはいるのですが、やっぱりなんとなくここで書くことが好きなので
やめる気はないなあとも思います
読むの好きなんですけどね
コメントするのも好きなんですけどね
もう更新してないということはこっちも読んでもらえてないんだろうなあと
思っちゃったりもするんですけどね
愚痴になってしまった笑

そう。周りが社会人になるんですよ
もうすでに会話しにくさを感じてます(笑)
自分が怠けて尻込みして行かなかった道を選んで進んでいくわけですからね
でも、それでもわたしは阿呆なので考えちゃうんです
ほんとうに選んだ道だろうかって
どうして嫌なことをしにいくんだろうかって
たぶんぜんぜんわかんないんです
理屈もわかる、常識もわかる、だけど引っかかってしょうがないんです
わたしが子供なだけなんです、それはとてもその通りなんですけど
だから、がんばらないでほしい
誰もかれも、がんばらないでほしい
上司に尽くすのが人生ですか
会社に尽くすのが人生ですか
社会に尽くすのが人生ですか
家族に尽くすのが人生ですか
ひとりひとりの
人生ではないのですか
だから、がんばらなくていいはずなんです
尽くしたいときに尽くして
尽くしたくなければ尽くさなくてもいいはずなんです
休んでもいいはずなんです
休んでゆっくりご飯を食べる時間が
あってもいいはずなんです
欲を言うとわたしは
辛い誰かが深呼吸するささやかな場でいられたらなあと
そう思います

あけましておめでとうございます

12月の卒論提出では各方面に迷惑と心配をかけ、
自分一人では何も出来ず友人の力で卒業への可能性を閉ざさずに済んだ笑太です
おかげで今まで自覚していたことのいかに薄かったか浅かったかということがよくわかりました

今回はわたしなりに、締切を守ることが出来ない人間としての自覚を持って、
先輩にアポを取って見ていただいて進捗を気にしたり(普段は世話を焼かれないように連絡は取らないし、途中のものを見せたりもしない)
早めの行動を心がけたり(実質ほとんど後れを取ったけど、心がけなかったらもっとやばかっただろうと思う)
毎日進めるようにはしたり(もともと好きなことなのでとてもマイペースに進めた自覚はある)
やばいなと思ってからはそこそこ手を抜いて終わらせることを目指したり(やばいと思った直後はあまりに先が見えないので停滞した)
したんですけど、わたしからしたらそこそこ締切を守ることに努めたこれらが全然努めた内に入っていなかったということを後から知りました
刻一刻と時間が迫る中で、わたしは自分の論を終わらせることしか考えていなかったし
もちろん時間は気にしていたけれど、「気にしていた」だけであってほとんどアクションを起こさなかったし
側で見ていた友人の方がすごく焦っていたし、見越して提出に必要な作業をしてくれていて、それを見て「やばいな、早く終わらせなきゃな」とは思うものの、「時間に追われている」という自覚が全くなくて、とにかく自分の論に対する拘りを捨ててはいなかった
「これはやばい」と思ったのは、提出場所に飛び込んでからだったと思う
振り返って思うのは、もし、もう少し早くテーマが決まっていれば、とか
もし、もう少し夏休みのバイトを減らせていたら、とか、もし、もう少し資料集めを迅速にしていたら、とか
その自分の行動の不甲斐なさではあるのだけれど、
いやしかしもう少し考えてみると、もしこれら全てをクリアしていたとしても、わたしは締切を守れないだろうことがぼんやりとわかってくるわけで、
時間があればあるほど展開してしまうし幅を広げてしまうしどこまでも深みに嵌ってしまうわけで
おそらくまた、甘い見込みで風呂敷広げてあっぷあっぷしているのだろうなとわかってしまう
しかも、それは手加減したつもりでいるからたちが悪い
120%のところを100%にして「したつもり」になっていて
本来ならば(時間を考えれば)90、80%程度であるべきところを100%にしてしまって
結局うまくいかずに最後はよくわからない時間というものがいつの間にか立ちふさがっているものなんだ
と、考えると、ますますわたしの「時間」認識がとてもおかしなことになっていることに改めて気づかされるわけです
わたしの根底に「時間」がわたしを縛るものとして認識できないところがある
これが今回の発見と反省点でした
思えば「時間がない、時間がない」と言っていた時も「締め切りまでに終わらないこと=卒業できない」ではなく「締め切りまでに終わらないこと=ちゃんとしたものを書けない」ことで焦燥していました
これは自分の長所として認めるところではあるけれど、同時に本当に他人の迷惑をかけるリスクの大きい、短所なのだということがやっとなんとなくわかって、対策を講じなければと思った年末でした
未だにまだちょっとよくわかってませんたぶん
とにかく、早く始めることを前提に、こまめな目標設定と大きな妥協が必要だなあ
訓練しなければ。

ということで今年は、「自分の時間認識のせいで他人に迷惑をかけないこと」が目標です。
更新は停滞してますが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

img066 (3)
今年の年賀状絵は(個人的に)中島敦に絡めて西遊記です

白い夏

お久しぶりです笑太です
昼前に起きて昼からバイトに行くという怠惰な生活を送っています
今日は元中の面子でご飯食べたので、ちょっとは活動しました
なんだか今年の夏は一年目並みにバイトのシフトが入っていて驚きです
わたしは基本「人手」要員なので、人手が足りてないんだろうな~
とりあえず実習で入れなかったぶんと全集とかロッキンとかグッズとか日々のご飯とかで散財したぶんを少しでも取り返さねばな~と思っているところであります。おかしいな…貯金する予定なんだけど…貯まる見込みがないな…
何事も見込みがありません。言ってみただけです。

というわけでロッキン行って来たんですよ~
スピッツと米津さんが同日とかもう今行かずしていつ行くって話ですよね~
楽しかったです、予定してた友人いっしょに行けなくて寂しかったですけど
一年くらい前の自分にロッキン行ったよって言ったらおったまげると思います
ただまあ、思い切って米津さん過去最前列に行ったらずーーーっと歌ってる人がいて気が散ってしょうがなかったので
やっぱりひっそりしてようって思いました
あとはノリの良いボカロとシングルとノリの良いアルバム曲という構成が、いちファンとして物足りなさはありましたかね~
きちんと場をわきまえた選曲なんですけどね。
で、個人的な感想としては、登場の時点で、「あっ。神になる気だ」って思いましたね(笑)服装もありますけど(笑)
神という言い方がおおげさなら、カリスマ、ですかね…
今現在、「中高生のカリスマ」であることに自覚的で、またそのように振る舞っている、というか
まあ、カリスマって言葉もちょっと強すぎるんですけど
一人の人間として悩んだり悶えたりしてみせるんではなくて、何かを牽引していこうとしているような、そんな気がしました
まさにポピュラーなんだろうなあ
でも、中高生ではないわたしはどうしたらいいんだろうと思いますよね
キャスなんかでもいつも思ってますけど
賛同者としてのわたしたちはどうしたらいいんでしょうね
言葉にならないでいた感情や思いを形にしてくれなくなってしまってどうしたらいいんでしょうね
それでも好きでいることに変わりはないんですけどね
楽しかったですけど、同時に改めてさびしいなあと思いました。
うん。こういうのカッコ悪いんであんまり言いたくないんですけど。今だけ。正直な気持ちです
米津さんが何処へ行くのか見ていたいっていう気持ちに変わりはないです
アーティストとして成長していっているということなんでしょうしね
新曲はめっちゃ良かったです、楽しみだなあ


自己満足のために月刊「なりやまない」というものを作っています
「何かしなくては」とずっと思っていたのと、やっぱり手に取ってもらえる形で読んでもらいたいと思っていたのと
それからもっと多くの人に見てもらいたいというのとでツイッターでこそこそ宣伝をしているのですが
思っていたよりも多くの人に反応をもらって嬉しいやら恥ずかしいやら
普通に部活の後輩とか、高校の同級生とか、当時ひた隠しに隠していた人たちに読んでもらえるっていうのは
そんな自分のものに興味なんて湧かないだろうと思っていたので不思議な感じです
思っていたより多くって数としてはそんなに多くないんですけどね
全員から感想もらえるってわけでもないですけどね
本当は、感想必須にしたいんですけど、そんなに相手に要求したくはないし多分少しでも何か引っかかってもらえればいちいち言う必要もないんだろうし
でも、クズだな!とかわけわからんわ!とかそういうの欲しいですよねそりゃもちろん怖いですけど(小声)
自分では良いのか悪いのかよくわからないし
わけわからん自覚はあるので、もっとわかりやすいのを考えなきゃいかんかなあとか。前、担任に「読者を無視してる!わけわからん!」って言われたのが人に渡すたびにチラつきます
現状、継続したいのが第一なので、継続していられたら徐々にもっともっといいものにしたいです
それにしたって最初に読んだのがダメなら次から読もうなんて思ってもらえないんですけど
でも一人でジメジメ書いてネットに上げてただけのときより、こうやっていろいろ考えられるので自分にとってはいいなあと思っています
あとは自己満足の域を越えたいなあ

ちょっとのつもりがつい喋り過ぎてしまいました。おやすみなさい。

ねつを帯びる

こんばんは、笑太です
やはり、学校生活をはじめるとそれに伴って自分の中で止まっていたいろいろのことが動きだしたり、自分を取り巻くものが否が応でも動き出して、なんとなくこうしてまとまった文章を書こうというタイミングを失ってしまいます、言い訳ですけど
ほどほどに身辺が一息ついて、長い夜を迎えています
一日ってこんなに長かったっけ
というのも27日がわたしの人生22周目かつ実習前最後の模擬授業かつ米津さんのライブ
だったので、これでもかというくらい精神的に充実した一日を送ったのでした
誕生日とライブはあえてブッキングさせて成功したんですけどね…運を使い果たしました…
で、授業休んでグッズに並ぶぞと思っていたら模擬授業がもう回ってきてしまい、致し方なく諦めたところへ
同伴をお願いした友人が先に行って買ってくれるという神力を発揮してくれて、模擬授業終わってから挨拶もそこそこに速攻花ゆり落ちに行ったという感じでした
模擬授業は時間配分がおかしかったせいでアレだったんですけど、やっぱり好きなことについて話をするので授業の枠組みを崩壊させる事態にはならないですね。これは場数さえ踏めば案外いけると思うんですよね…錯覚か知ら…
まあ、上がっちゃって早口になったり、ノートを取る時間とかに気を配れなかったり、自分で自分がいうことを整理して話せていなかったり、課題は山積しているのですが…。
ただ、実習経験してきて今実際に非常勤でやっている先輩に話を聞いたところ、教材研究さえしっかりやっていれば、どんなに授業の流れが出来ていなくても気にされないということを言っていただいて、ちょっと勇気が出ました。教材研究…一ケ月ももらってるんだもんな…やるしかないな…。担当の授業時数を言ったら、死ぬよって言われたので死なないようにがんばります。教材研究は楽しくやれるんだけど…
で、ライブ!もうね、最高でした、楽しかったです幸せでした
今更とやかく言うのも野暮ったい感じがするので言わないですけど、また来ようって思いました
ライブもう行くのやめとこうかなと思ったんですけど、精神的若者に交じって精神的高齢者がんばります
で、ずっとお会いしたいな~と思っていた唯一と言っていいネット上でのお知り合い(お友達と呼んでいいのかまだ躊躇う人見知りマン)とも会えたんですよ!というか会いに来てくれたんですよ!!
なんかもう、わぁ~!って思わず両の手のひらをあちらに向けてタッチし(あわよくば抱き着き)そうな体勢を取ってしまって、これぞまさしく距離感迷子だなって思いましたけどそんなこと今更どうでもいっかって感じでした。すごく目がきらきらしてらっしゃった、そして若かった、ネットでは大人っぽいんで実感なかったんですけど会うとやっぱり若かったです、我が老いよ…
ライブ行きたいな…世間はGWですよ…
もし次会うことがあればタメ語とやらを駆使したいです、向こうに気を遣わせますしね…敬語楽なんだよな…

誕生日はいろいろな人に声をかけてもらったり手紙をもらったり、とっても幸せでした
もちろんプレゼントもかわいいものをいっぱいもらって嬉しかったです
今年はブローチが増えました、サボってたけどなるべくつけよう
絶望の20歳から投げやりな21歳、22歳は穏やかに過ごせました
去年も思ったけど、周りの人のちからって偉大です
歳を取るのがそこまで気にならなくなりました
でも、一番の理由は自分の将来についてどことなく見切りを付けてしまったからなんだろう、と思います
現にもう戻れない道を選ぼうとしている
正確にはまだ、しっかり、逃げ道を、裏道を、残しているんですけどね
ただ、結果を残すことに執着を持たずにいられるようになって、答えを保留にしていられるだけ焦燥感がなくなったのだろうと思います
良い傾向ではないと思います
また目先のことにいっぱいいっぱいになっている部分があって。
でもやっぱり実習だけは全力を尽くさないといけないので、今は、自分に甘く、そのままでいようと思います
実習おわったらバイトも探します、ホント…
でも、一人でも、わたしのことばが好きだって言ってくれる人がいる限り、書きたいと思います
今日も、白紙のスケッチブックをもらったら無性に何か作りたくなって、久しぶりにワードを開きました
まあ、長編のつもりでHPに上げていた(続きを決めてなくて進める気のなかった)ものを読み返したらやっぱり意外と面白く感じてしまってなんだかそわそわしながら日記をしています。日常のサイクルに書くこともうまく組み込めればいいんだろうなあ…。今日も何も書けないで、この創作意欲的なものはおきざりなんだろうな
でも、大事にしようとおもいます、自分の中で、現れたり消えたり、隠れたりするのも全部
拾っていきたいなあなんてことをぼんやりと考えています

気がつけば四月も最後ですね、早いなあ…
なんだかいろんな人と語り明かしたいような、そんな気分です
プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。