No,9494

臆病な自尊心。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

no title :: 2011/08/14(Sun)


昨日は遊んだ!
何せ夏休み唯一の遊ぶ予定だからね!単語帳も持ち歩かなかったよ!
でもまた全員揃わなかってん…
うう…
だからカラオケしてご飯食べて終わったね!他にもやろうとしてたことあったけどね!
でも楽しかったー!
今度こそみんなで!!

というわけでマンガを封印してました!袋に入れてメンディングテープ!(もったいない)
今更(笑)
まあしょうがない
君と僕。は貸したからよくて
最近じゃもはや読み返しもしない犬夜叉の真ん中ら辺は放置してるけど
主に誘惑になるBLマンガだね!
ばいばい!またいつか!
あと部誌関係
これが意外と多い…
ばいばい!黒歴史!
封印したはいいけどどこに仕舞おう?ww
あと戯言人間シリーズを
封印しようか迷ってたら
読み返しちゃって
今日も今の今まで読み返しちゃってて
これこそ封印すべきなんじゃないかと思うけど
でも小説だし!日本語の勉強に(ry
ぐわー!さよならできない!
でも十分受験勉強の妨げですね、はい、笑太が馬鹿でした
あとで全部封印しよう

考えてみたら非常に所有欲が少ないみたいですね
ある時期から自分がどうしてもと思うものしか買っていないような
犬夜叉は小学校低学年ではじめてアニメにハマってなぜか16巻から買ったけどノリだったから途中で飽きて。
そのあと色々アニメに興味はあるけど見たいって言えなくてハマらなくて
やたら友達に借りたり。
ハガレンも最初は自分で買ったけど家族ハマったからもうどうでもよくなって
ラノベに至っては全部借りただけだしな!人間としてどうかと思うぞ!

笑太の残念な頭では貸し続けてくれた彼女の心の寛容さの理由が未だに解せません。彼女がいなければ今の自分はいないと断言できる。僕にとってかけがえがないと言えるけれど、あの頃の自分は今にも増して最低最悪だったといえる馬鹿野郎なので
たぶん彼女をたくさん傷つけてしまっただけでしょう。
頭の悪い僕は彼女の繊細さに一切気付かず、ただただ傲慢だったので。
僕が離れてから彼女はかけがえのないものを得られたはずです。と、見かけた感じでそう思えたのですが。今もそうだといいです。元気かなあ
そんな彼女のおかげで戯言に出逢って心酔して自分で集めたくなったんですね
一回しか貸さないってのが彼女の方針だったしね
笑太が呑気にぬけぬけと小6だか中1だかやっている間にも
漱石の「こころ」を読んでいるような子で。
高2にしてはじめて読んでいるような笑太は足元にも及びませんよ
でも傲慢で不遜で厚顔無恥で自尊心の塊であるところの若き日の笑太は彼女の隣に並んでいるつもりでした。いつも。
むしろ自分の方が優れているとすら思っていて。一方でやっぱり尊敬してましたけどね
あああの頃の自分の卑怯な汚らしい外道っぷりにはもうどうしようもないです
なんなの君。
つまりそういう僕のことなんですけど、ね!
あの頃よりよくなったのか悪くなったのか
破綻するしかない性格だったのは確か。
彼女だけじゃない。中学に上がってからも生きるだの死ぬだの偉ぶって醜い自分を晒すことを格好いいことだなんて。よくあの子は耐えてくれたなあと思う。だって。あの子と距離を置いてから、もうあの子と目が合わせられない。あんな醜いものを晒して、また一緒になんて考えられない。たぶんもう、あの子と普通に友達なんて出来ないんだろう。
それから最大の失態。色んなものを巻き込んだ。とにかく滅茶苦茶にした。人をひとり、どころじゃない。一人でパニクって一人で暴走してたくさんたくさん傷つけた。
ああ。こうした回想してみると。僕は壊してばかりじゃないか。作り上げるところで既に破綻している。まともな人間関係なんて築けていない。壊しては、ソコから逃げている。
今、僕が握っているものは、僕が壊したものを必死で保っていてくれたみんなだ。助けられた。みんなに助けられた。でなきゃ僕はまた逃げた。僕みたいな人間でも、もっていてくれた。正直考えてみれば信じられない。だって。こんな、僕だ。
そんな気分になった。大事にしなきゃなあと、改めて思った。
そう考えると、人間関係が苦手な理由がわかる。てか、どうして今まで気付かなかった自分。やったことがないことをやれるようにするのが大変なのは誰だって同じじゃないか。
高校の友達だってつまりはこんな自分を寛容さで受け入れてくれているんだろう
それってたぶん、上手な人間関係の築き方じゃない。
これって不器用ってやつか?
それとも不細工なだけなのか
性格不細工は確実だな、うん、残念でした残念賞。


あう戯言読み返したからか変な方向にいきましたねすみません
笑太の記憶に残っていることを逆に辿ってました
一時間以上経ってる…
はー…
あと中学の恩師に、気の合う奴いないだろ?的なことを言われたのも思い出しちゃいました
僕は結局孤独なんですかみたいな中二病なところに帰って来そうになる辺り、だからお前友達少ないんだぜーってからかってやることにします
大勢に愛される必要はないってまさしくその通りだとは思うけれど、今の笑太にはただの言い訳
なんだかんだ言って切り捨てるのは自分ですしね
今あるものをただ大事にするしかないですね
ふふ大事に出来るかもわからんですが(笑)
なにしてんだろ自分。
スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<no title | top | no title>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rain80moi.blog34.fc2.com/tb.php/322-fa61fe3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。