No,9494

臆病な自尊心。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

大したことしていない夜更かし夜明かし :: 2013/04/24(Wed)

はー…
米津さんのMVがとうとう日の目をみましたね
嬉しい
これは米津さんが今までのMVの「カイブツ」だ
絵本ともリンクしてる
たぶん、かなり本人の意思を尊重しているんじゃないかな
今までのように手描きの「カイブツ」でもいいかも知れない
でも、米津さんは体を張っているんだ
世間に、自分の姿を晒して、ソコで生きていく覚悟を決めている
「米津玄師」として生きていくために、光の中へ出て来たんだ
なんて考えると、ますます応援したくなるなあ

音楽に限らず普遍性って重要だと思う
不可欠と言っていい
どんなに特異なものにも普遍性があって、人々に受け入れられる
「ハチ」は、インターネットっていう世界の普遍性を強く持っていた
「米津玄師」は、今、日本全国あるいは世界各国の普遍性を持っている
時間を重ねるほどに閉じこもった世界から開けた世界へ移っていったとも言える
自分が「いい」と思えるものを作っている。これはずっと変わらなくて
自分が「何」を「いい」と思うかが変わっていく

わたしは昔、言葉は、美しい漢字で個性的に独自性を以って修飾しているのが素晴らしいと思っていた
今は、単純な言葉の素晴らしさがわかっているつもりだ
自分を例に引きつけて考えるのは失礼だとは思うけれども、そういう感覚なんじゃないかと思う

「サンタマリア」は、とても単純なことばだ
今までの曲を知っていると、なんとなく、物足りないような気がする
でも、米津さんなりの直球勝負なんじゃないだろうか
削ぎ落として、研ぎ澄まして、
わかりあおうと足を踏み出した
だからこれは「変わった」んじゃない。成長。
虚栄、見栄、鎧兜にたくさんの煌びやかなアクセサリー。
もちろん愛すべき、今でも愛すべきそれらを剥ぎ落して、極限まで落として残った、形を変えずに残ったものが本質だ
成長の過程で決して揺らがない、これこそ個性と、言えるのかもしれない
愛したのが本質なら、愛し続けることが出来る
耳を澄まして、音を聴いて言葉をのめば、変わらない、本質を、芯を感じられる
その芯が好きなんだ
最初はわからなかった好きの理由が、わかった気がした

つらつらと思った、なんだか文章が下手になった気がする、こまる
今日、一時間半でキーワード短編やったんだけど一応形になったから
週一くらいでやりたいなあ
時間決めて一気にやらないと無理だから考えどころだけども
文章書くのをもっとうまくなりたいなあ

スピッツ新曲もPV出たよー
もちろん嬉しいよー!!
歌詞をきくほどに好きだなと思う
そういえば今日カラオケでおっぱい歌ったった(笑)
いい友人たちに恵まれました
で、草野さんがね!ね!←
あー亀の恩返しやっぱり行きたいライブ行きたい
誕プレでチケット買ってもらおうかな末広がり8888円!
来月は音楽月間だな確実に
スポンサーサイト


  1. 雑談
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<20歳 | top | こんばんは>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rain80moi.blog34.fc2.com/tb.php/519-9d40b84a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。