スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Four years ago

最近更新していなかったのでそもそも一番更新してたのっていつ?と掘り出してみた
ちょうど五月だし、二十歳って単語がある(笑)
いやー青いぜ一人称僕とか笑えるw日常では使ってなかったよ!
またなんだか頑張って書いちゃってるよわたしは。


夢に潰されかけた夢
2009-05-25(Mon)
なんとなく真面目な話をします

もはや僕はしばらく公言していないんだけれども
僕には将来の夢があります
気配は微塵もないけど
僕の夢は小説家、でした
たぶんこの場合は過去形?
今でも凄い憧れてるけど
てか、少し前の僕は、20歳には新人賞かなんかでデビューしてそのまま作家人生に入れるつもりでした
ちなみに言うとその傍らで作詞業とかもしているつもりでした
…何ていう身の程知らず
そう、僕は自分の身の程を知らなかった

小5くらいから夢見るようになって
小6で書くようになった
思いつくまま書いてくだけでよかった
書きたいまま書いていた
息づまったら止めた
つまらなくなったら止めた
矮小な世界を幾つも作って
矮小な世界の住人を何人も作って
矮小な世界を幾つも棄てて住人を何人も捨てた
ただ考えることが楽しかった
自分の世界が楽しかった
僕にはこれしかないと思っていた
浸って自惚れてまたそんな自分に自惚れて
そしていつからか気づいた
これは自分の世界ではないことに
たくさんのものをつなぎ合わせただけのガラクタだった
読み返すだけで、書いた時にハマってた本がわかる
特に、西尾維新さん
いつのまにか抜け出せなくなっていた
元々僕はどこにもいなかった
本当に息づまって、失望して、考えてたらうまく書けなくなって
書くのを止めてみた
1ヶ月止めてみて
何も書けなくなった
書こうとしても抜けられてなかった
いつか書けるようになるだろう
思っていたら、ただ自分が殻になっただけだった
何も思いつかない
無くしたくなかったのに
僕はこのまま頭の硬い大人になってゆくのだろうか
だとしたらあまりに酷い

だからこんなのを夢とは言えない
でもこの期に及んで未だに夢見る
馬鹿じゃないのか?
まだ棄てたくはない
わかっているけど棄てたくない
書きたいことがたくさんあったはず
昔のを見て、この時に戻りたくなる
自分のことなのにどうしてこんなに沢山の文章が書かれてるのかがわからない
あの時の感覚を思い出すと信じられない気持ち
楽しかったんだ、とにかく
本を読まなくなったから書けないんだ
またたくさん本を読めば書ける気がする
もしかしたらその時、僕が見つかるかもしれない
考えてるだけ
僕はどこに行けばいいのかわからない
いつの間にか周りは自分のレールを引き出してる
さしずめ僕は、たくさんの駅の前で切符すら満足に買えずどれもこれも欠片のまま立ち呆けているちっぽけな旅行者
夢に行きたい旅行者
夢に生きたい旅行者

じゃあ夢はどこ?


いや、ほんとにバカバカしい話ですけどねー
才能ないなら諦められるけど
評価されたことがないから、あるのかないのかすらわからない
あればこんな風にはなってないよ
誰かに評価されたかった
でも、誰かは最後まで優しい欺瞞を続けてた気がする
そんなんじゃなく僕を真っ当に批評してくれる声が欲しかった
なかなかないよね

という呟き
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。