花見日和

でしたね!
体力なさすぎて昨日は帰ってキャスを聴きながら寝入ってしまいました
例によって昼まで寝てたんですけど、どうやら桜が見頃らしいので引き籠っているのがくやしくて
ちょっと外に出て軽く花を見てきました
昔は花といったら梅だったのが、いつしか花といえば桜になったっていうのはなんでなんでしょうかね
なんか聞いたかもしれないのですが忘れてしまいました
漢詩なんかでも梅ですよね、たしか(ぼんやり)
まあ桜は派手ですよね、咲いてから散るまでが梅と比べて早い気もしますし
江戸っ子がド派手に花見や花火を愉しんだのが今に続いているような感じも。
江戸といえば週末は、鹿沼・日光・宇都宮を味わってきました
昨日、修学旅行ぶりに日光東照宮に行って奥宮までちゃんと歩いてきました。おかげで筋肉痛です。
あそこも思いっきり派手趣味が出てますよね極彩色に金箔ですからね
陽明門は今改修中なので一部しか見られませんでしたが、なおしたところをみると
現代の職人の仕事っぷりを感嘆せずにはいられませんよね
もちろん、当時の職人の仕事あっての今なんですけど
でもなおすとその職人の仕事に上書きをするわけですから、当時の姿は失われると思います
どんなに寸分違わず直したところで、同じものなんてないですからね…
だからあれは今の職人さんの仕事として見たいな~なんて
古いもの好きのわたしとしては、時間が経って色あせたりボロボロになったりしたところにきゅんとするので
どこかしらドライな自分もいました
そのまま無くなってしまうのが大きな喪失であるからこそ、なくしてしまうより上書きをして模倣するのだろうなあ
なくなっちゃうのはさびしいですよね。時と共に失われるのが自然な姿ではありますが
ああやって守ってもらえるものはいいですけど、今も様々な文化や文化的建造物・美術品等が失われているのだと思うと
せめてそれを伝え残そうとする動きの重大さに改めて気づかされたりもします
写真だったり言葉だったりっていうのは、模倣することよりもお金もかかりませんし、誰にでもできる手軽な方法ですよね
自分なんかは言葉を捏ね繰り回すのを唯一の趣味としているので、特に言葉については思うところを持っていたいのですが、
言葉ももちろん失われていくものであって、形を少しずつ変えながら現代まで生き残ってきた文化の一つで
そこは他の消えゆく文化と大差ないものではあると思うんですけど
人間の主要なコミュニケーションツールであるために、その時間の経過がゆっくり進む文化なのかなあと思いました
また無形(音声)と有形(文字)の両面をもっているのもおもしろいですよね
特に文字、書記に関しては本当に変わりにくいもので、言文一致で盛り上がらなければ、もう少し古典的な文章が生き残っていたのかもしれないとか…うん?話そうとしていたことを話してないぞ…?というかこの話、今までノータッチだった分、掘り下げるところがあり過ぎて旅行後記として成り立たなくなるぞ…ざっくり話せる話題じゃなかった…
ええと、文化は消えていくものだけど、それには多様な守り方があって
変わりながら更新しながら守られていくものと、変わらずにそのものは消えるけど記録されて守られるものがあって
更新したらもしかしてもう別物なんじゃないの?っていう捻くれた考えが頭をよぎって色々脱線しました
まず、あれです、東照宮って家康の墓じゃないですか
前にも神と仏の話しましたけど、家康を大権現として祭っているわけで
その信仰抜きでは、今のような大改修には至らないんですよね
神と仏はいわんや家康なんて政治家じゃないですか
しかも戦争して人殺してるじゃないですか
それを神仏化してるなんてどういうこっちゃっていうのが本音の本音なんですけど
これにも一族だけじゃなくて民衆の感情もあるので無視はできませんが。
奥宮と拝殿でお祓いと軽い解説みたいなのやってるんですよ、客を堰き止めて
そこで日本を平和な国にしてみたいなこと言ってて、まあ確かにそうかもしれんけど~だからといって神にすることなくねって思っちゃうんですよね。秀吉の息子に継がせないで大きな戦争してた気がするし(日本史…)
というかそう、やたら奥宮までの階段で詰まってたんですけどその解説なかったら詰まんないじゃないって思ったらなおさら気にくわなくて、一人で先にぐるっと回って降りて座ってました、たぶん空気読めないと思われた(笑)
拝殿逃げられなかったから体育座りして頭を下げない遊びしてました
周りが言われた通り頭下げて祓われたり、二礼二拍手一礼してたりしている中だったんで
無理矢理にでも帰る人の流れに乗っていけばよかったなあと思いました。ちょう空気読めないと思われただろうな(笑)
それより授業で東照宮にいる家康を画いた絵をやって、なぜ和歌で囲っているのかとかやったけど肝心の結論を忘れたので思い出そうとしてました。思い出せませんでした
でも、ここまでしっかり昔のまま守られているのは、この信仰なくしては成り立たないんだと複雑な気持ちになりました
わたしは信仰しないし、そんなに言われるまま頭下げていいのって問いかけたくなる感じなのですが、かといって人々が信じることをやめていたらとっくになくなっていたかもしれないし
でもあれなんて特に権力の塊って見方もできるし~
ああ複雑!
散々言ってますけど、八百万の神みたいな、木や花やあらゆるものに神が宿ってるアニミズム?みたいなのはけっこうアリだと思います。たぶん一番近い、アイヌとか。生まれ変わったらアイヌならいいなと。熊さん(雑)
建物は動物いっぱいで楽しかったです(感想)
あと観光地の骨董品屋が好きです。出版社(本当に版のころの)に関係ありそうなお店があって超楽しかったです
活版が一文字20円でいっぱい売ってた…まとめ買いしたい(使い道ない)
辞書の一ページ分そのまま800円とか…ほしい(使い道以下略)
あと昔の科学実験用のレンズとか謎の器具とかもなかなかグッッときました
電車が映ったフィルムの切れ端とか
あやしいなって気もありますけど騙されてもいいって気になりますよね
はあ…旧軽の昭和モダンの店はまだあるだろうか…おじさん本出したかな出してなさそうだな生きてるかな
行きたい…あのおじさんならまじで何回騙されてもいいわ…使ってるよループタイ…
ループタイをずっと置いてあったらしい小さい箱に詰めてくれたんですけど、
それがねえ…戻ってきて空けたらおじさんの煙草臭かったんです。初めて嗅ぐ香りだった。
騙されたって決まってないし全部ほんとうかもしれませんけどね、そんな感じの人だった。脱線
日光、美味しかったです。とりあえず。
入りたい喫茶店とか色々あったのでまた行きたいなあ
ゆばむすびが超絶ヒットでした、行くたび食べる
ああ、人がやさしいですね、嫌味のないやさしさでした
神橋の川、きれいでしたね、青かった~
歩くのは楽しかった。やたら坂を行ったり来たり登ったり降りたりしたんですけど楽しかった
ついつい歩調が速くなって先に行きたくなってしまうな~

その前の日は、鹿沼のカフェフェスという音楽とカフェを同時に楽しもうみたいな催しに行きました
元々こっち目当てだったんですけど
美味しかったです
珈琲のめないの克服したいな~というかこういうところで挑戦してみるべきなのかな~
しゃーないのでオーガニックコーラという矛盾した名前に惹かれてコーラのみました
りんごとチーズのタルト美味しかった
出来たてドーナツ美味しかった、かりもちふわだった
あと雑貨もかなりたのしゅうてですね、ついブローチを買いました
音楽の方は、原田知世さんのステージを見てきました
「くちなしの丘」か、「時をかける少女」のイメージしかなかったので最近の路線が新鮮でした
生バンドでピアノ・キーボード・トランペット(その他コルネット?)・サックス(フルート、クラリネット?)・ベース(コントラバス?)・ギター(なんか丸かった気がする)・ドラムが来ててそれも良かったのですが
やっぱり生で「くちなしの丘」を聴けたのが良かったです
MCが大人可愛かったです、ああいう人がオトナカワイイですよ
その勢いで「noon moon」のトレーラー聴いてたんですけどなんか好きでした
自分で詞を書いているらしくて、それもいいなあと。あ、でもライブでいいなと思った曲のひとつに「名前が知りたい」っていうのがあったんですけど、それは作家さんが作詞したみたいです。おもしろそうな作家さんや
振り返りこんな感じかな~旅と関係ないところに文字を割いてしまった…
ああ、今回は新幹線を使わずに行ったので、電車の長距離移動が多くて、旅したなあって感じでした
日光線が四両編成くらいで好い感じでした
疲れてきたのでもういいかな…
旅行記は書けないですね、あんまり書く気もないですね困った時の写真だ写真





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ