白い夏

お久しぶりです笑太です
昼前に起きて昼からバイトに行くという怠惰な生活を送っています
今日は元中の面子でご飯食べたので、ちょっとは活動しました
なんだか今年の夏は一年目並みにバイトのシフトが入っていて驚きです
わたしは基本「人手」要員なので、人手が足りてないんだろうな~
とりあえず実習で入れなかったぶんと全集とかロッキンとかグッズとか日々のご飯とかで散財したぶんを少しでも取り返さねばな~と思っているところであります。おかしいな…貯金する予定なんだけど…貯まる見込みがないな…
何事も見込みがありません。言ってみただけです。

というわけでロッキン行って来たんですよ~
スピッツと米津さんが同日とかもう今行かずしていつ行くって話ですよね~
楽しかったです、予定してた友人いっしょに行けなくて寂しかったですけど
一年くらい前の自分にロッキン行ったよって言ったらおったまげると思います
ただまあ、思い切って米津さん過去最前列に行ったらずーーーっと歌ってる人がいて気が散ってしょうがなかったので
やっぱりひっそりしてようって思いました
あとはノリの良いボカロとシングルとノリの良いアルバム曲という構成が、いちファンとして物足りなさはありましたかね~
きちんと場をわきまえた選曲なんですけどね。
で、個人的な感想としては、登場の時点で、「あっ。神になる気だ」って思いましたね(笑)服装もありますけど(笑)
神という言い方がおおげさなら、カリスマ、ですかね…
今現在、「中高生のカリスマ」であることに自覚的で、またそのように振る舞っている、というか
まあ、カリスマって言葉もちょっと強すぎるんですけど
一人の人間として悩んだり悶えたりしてみせるんではなくて、何かを牽引していこうとしているような、そんな気がしました
まさにポピュラーなんだろうなあ
でも、中高生ではないわたしはどうしたらいいんだろうと思いますよね
キャスなんかでもいつも思ってますけど
賛同者としてのわたしたちはどうしたらいいんでしょうね
言葉にならないでいた感情や思いを形にしてくれなくなってしまってどうしたらいいんでしょうね
それでも好きでいることに変わりはないんですけどね
楽しかったですけど、同時に改めてさびしいなあと思いました。
うん。こういうのカッコ悪いんであんまり言いたくないんですけど。今だけ。正直な気持ちです
米津さんが何処へ行くのか見ていたいっていう気持ちに変わりはないです
アーティストとして成長していっているということなんでしょうしね
新曲はめっちゃ良かったです、楽しみだなあ


自己満足のために月刊「なりやまない」というものを作っています
「何かしなくては」とずっと思っていたのと、やっぱり手に取ってもらえる形で読んでもらいたいと思っていたのと
それからもっと多くの人に見てもらいたいというのとでツイッターでこそこそ宣伝をしているのですが
思っていたよりも多くの人に反応をもらって嬉しいやら恥ずかしいやら
普通に部活の後輩とか、高校の同級生とか、当時ひた隠しに隠していた人たちに読んでもらえるっていうのは
そんな自分のものに興味なんて湧かないだろうと思っていたので不思議な感じです
思っていたより多くって数としてはそんなに多くないんですけどね
全員から感想もらえるってわけでもないですけどね
本当は、感想必須にしたいんですけど、そんなに相手に要求したくはないし多分少しでも何か引っかかってもらえればいちいち言う必要もないんだろうし
でも、クズだな!とかわけわからんわ!とかそういうの欲しいですよねそりゃもちろん怖いですけど(小声)
自分では良いのか悪いのかよくわからないし
わけわからん自覚はあるので、もっとわかりやすいのを考えなきゃいかんかなあとか。前、担任に「読者を無視してる!わけわからん!」って言われたのが人に渡すたびにチラつきます
現状、継続したいのが第一なので、継続していられたら徐々にもっともっといいものにしたいです
それにしたって最初に読んだのがダメなら次から読もうなんて思ってもらえないんですけど
でも一人でジメジメ書いてネットに上げてただけのときより、こうやっていろいろ考えられるので自分にとってはいいなあと思っています
あとは自己満足の域を越えたいなあ

ちょっとのつもりがつい喋り過ぎてしまいました。おやすみなさい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ