スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの短文交流

さっちゃんさんから「朝の香りがする人だと思った。」の言葉をいただいて、短文にしました。
あともうひとつくらいは、作りたいところ。
  朝の香りがする人だと思った。勇気をもって話してみよう、なんて、出来るわけもなくて、わたしは俯いて、彼の話をきいている。
  それでね、と彼が言う。彼の「ね」は、押し付けるのでなく一息置くような、「ね」。いつまでも聞いていたいと思った。彼の声は耳に残らない。透き通って、流れて、心地よさを残して通り過ぎてゆくだけ。歳は、三十代半ばくらい。少し乾いた肌が、笑いジワをうっすら浮き彫りにしている。無造作に伸ばされた髪はわたあめみたく空気を含んで、夕日を透かして朱く光っていた。今は見えないその姿を、わたしは一瞬で思い出せる。彼のなまえも、知らないのに。
  それでね、見たんだ、大きな、本当に大きなものだった、ぼくは驚いてしまってね、だから立ち竦んでしまった、立ち竦んでいるうちに、近付いてくるだろう、怖くは、なかったんだけども、どんどん近付いてくるんだ、ぼくは驚いてしまってね、だから立ち竦んでしまった、立ち竦んでいるうちに、近付いてくるだろう、怖くは、なかったんだけども、どんどん、近付いてくるんだ、ぼくは驚いてしまってね、だから立ち竦んでいるうちに、近付いてくるだろう、どんどん近付いてくるんだ、それでね、見たんだ、大きな、本当に大きなものだった、ぼくは、驚いてしまってね、どんどん近付いてくるんだ、ぼくは驚いてしまってね、近付いてくるんだ、近付いてくるだろう?
  公園のベンチに、1人と1人が腰掛けて、不思議な語らいは、夕日が沈むまでずっと続いた。
(了)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。