スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

してきな話

わたしは、死んだら死んだでそれはそれで幸せと思っているけれど、寂しがる人が1人でもいると思うと死ぬに死ねなくて、もし、本当の理解者なんてものが現れてしまったら、わたしは安心して死んでしまえそうだし、もっと言うと殺してくれと言ってしまいそうだから、これでいいんだろうと思う。それとも、本当に理解してもらえたと思ったら、それだけで安心できるのだろうか。その人が生きている限り生きていようと思うのだろうか。それでも、生活は容赦なく圧迫する。わたしの悩みはわたし自身についての悩みでしかなくて、おそらくそれは、他者によって掬われるものではなくて、わたしが蒔いた種でしかなくて、結局は、その人を信じきれず勝手に1人きりになるんだろう。ともかくも、わたしが死んだときは、「ああ、あいつは幸せになったんだなあ」と思われたい。
好きな人が死んじゃうのは悲しいし寂しいけど、もし、それがその人の望むことなら、いいよって言ってしまう。そんな気がする。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

沢山笑太

Author:沢山笑太
無意識を探りたい。

確実に腐ってますのでご注意を。

自意識・文学・音楽・日常・創作

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。